クレジットカード種類

左記クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済に対応

レボリューションやアボケードなど人気のフィラリア予防薬を多数取り扱っております。

フィラリア予防(23件)

並び替え:

ネクスガードスペクトラ
ネクスガードスペクトラ

8,760

すぐ購入

ネクスガードスペクトラは犬専用のフィラリア予防薬です。 日本の動物病院でも扱われており、ノミ・マダニ・フィラリア(犬糸状虫)・犬回虫・犬鉤虫・犬鞭虫に対して効果を発揮します。
レボリューション
レボリューション

6,260

すぐ購入

レボリューションは犬猫にお使いいただけるフィラリア予防薬です。 皮膚へ塗布するスポットオンタイプで、経口投与を苦手とする犬に対しても簡単に投与可能です。
レボスポット
レボスポット

3,260

すぐ購入

レボスポットは「Asle pharmaceuticals」が製造・販売しているフィラリア予防やノミ駆除など幅広い用途で使われる薬です。子犬用から大型犬用まで幅広い種類で商品展開しているので、愛犬や愛猫の体重に合った商品をお選びいただけます。
アドボケート
アドボケート

6,360

すぐ購入

アドボケートは犬猫専用のフィラリア予防薬です。 実際に動物病院でも扱われており、フィラリアだけでなく回虫、鉤虫、ノミなど様々な寄生虫に対する有効性があります。
セレホールド
セレホールド

4,560

すぐ購入

セレホールドはフィラリア予防薬の一種です。 こちらのセレホールドを製造・販売しているのはスロベニアに本拠を置く国際的なジェネリック医薬品メーカーのひとつで、世界の70ヵ国以上にジェネリック医薬品を販売しています。
ミルプラゾン
ミルプラゾン

3,460

すぐ購入

ミルプラゾンは有効成分としてミルベマイシンオキシムとプラジクアンテルを配合したフィラリア予防薬の一種です。複数の成分を配合しているため、フィラリアの予防から線虫、条虫などの駆除まで幅広い寄生虫に対して高い効果が期待できる治療薬となっています。
ミルプラゾンチュアブル
ミルプラゾンチュアブル

4,060

すぐ購入

ミルプラゾンチュアブルはフィラリアの予防に役立つフィラリア予防薬のひとつです。 こちらのミルプラゾンチュアブルは、フィラリアの予防以外に線虫や条虫、多包条虫などに対して駆除効果を持っているため、幅広い寄生虫に対して効果を発揮してくれます。
シンパリカ・トリオ
シンパリカ・トリオ

6,460

すぐ購入

シンパリカ・トリオは、ノミ・マダニや回虫・鉤虫の駆除およびフィラリアの予防薬です。 薬の名称にトリオとあるようにサロラネルやモキシデクチン、ピランテルの3種の有効成分が配合されています。
プリノケート
プリノケート

4,260

すぐ購入

プリノケートはスロベニアに本社を置く、ジェネリックメーカーのKrkaが製造・販売するジェネリック医薬品です。70年近い歴史を持つ老舗のメーカーが製造・販売するジェネリックであるため安心してお使いいただけます。
カルドメックチュアブル
カルドメックチュアブル

6,760

すぐ購入

カルドメックチュアブルは犬用のフィラリア予防薬です。 体内にすみつく内部寄生虫に対して有効で、フィラリア以外にも犬回虫や犬鉤虫にも効果を発揮します。
キウォフハート
キウォフハート

3,460

すぐ購入

キウォフハートは犬専用の寄生虫駆除・予防できる内服薬です。 カルドメックのジェネリック医薬品で、同一成分が配合されているため同等の効果効能を得ることができます。
インターセプターSチュアブル
インターセプターSチュアブル

8,360

すぐ購入

インターセプターSチュアブルは犬用のフィラリア予防薬です。 フィラリアの他にも犬回虫、犬鉤虫、犬鞭虫、瓜実条虫、多包条虫といった内部寄生虫に対しても有効で、定期的に投与していただくことで愛犬を寄生虫から守ります。
セラフォーテ
セラフォーテ

5,960

すぐ購入

セラフォーテは有効成分としてセラメクチンを配合したフィラリア予防薬の一種です。 有効成分として配合されているセラメクチンはフィラリア予防薬として国内でも幅広く利用されている「レボリューション」にも配合されている有効成分で、こちらのセラフォーテはこのレボリューションのジェネリック医薬品となっています。
プロポリスワン・ペット用シャンプー
プロポリスワン・ペット用シャンプー

4,960

すぐ購入

プロポリスワン・ペット用シャンプーは犬猫用の商品です。 皮膚や被毛を清潔にするとともに、蚊・ノミ・ダニなどの忌避、皮膚の症状(痒み、炎症、乾燥など)を軽減します。
ストロングホールド
ストロングホールド

3,060

すぐ購入

ストロングホールドは、ゾエティス社で作られているスポットタイプのフィラリア予防薬です。
クレデリオプラス
クレデリオプラス

14,760

すぐ購入

クレデリオプラスはElancoが製造・販売するノミ・マダニ、フィラリアに対して効果を発揮する薬です。 ノミダニ駆虫薬であるクレデリオと同じ成分であるロチラネルにフィラリア予防効果を持つミルベマイシンオキシムを配合しています。
センチネルスペクトラム
センチネルスペクトラム

10,360

すぐ購入

センチネルスペクトラムは犬専用のフィラリア予防薬です。 犬の健康に害を与えるフィラリア、ノミ、犬回虫、犬鉤虫、犬鞭虫、マンソン裂頭条虫、メソセストイデス属条虫など幅広い寄生虫に対して効果を発揮します。
ストロングホールドプラス
ストロングホールドプラス

6,260

すぐ購入

ストロングホールドプラスは、ゾエティス社から製造、販売されている猫用の予防薬です。
ストロングハートプラス
ストロングハートプラス

3,360

すぐ購入

ストロングハートプラスは犬用のフィラリアをはじめとする内部寄生虫予防薬です。 日本で販売されているカルドメックチュアブル(ハートガードプラス)のジェネリック医薬品で、同じ成分を含有しているため同等の効果効能を得ることができます。
コンフォティスプラス
コンフォティスプラス

14,960

すぐ購入

コンフォティスプラスは犬の健康を脅かす寄生虫に有効な内服薬です。 パノラミスの後続品で、通常タイプのノミ・マダニ駆除薬であるコンフォティスに内部寄生虫に対する駆虫効果を加えた商品となります。
ブロードライン
ブロードライン

売り切れ

ブロードラインは猫用の寄生虫予防薬です。 本剤には世界的有名なフロントラインにも含まれている成分をはじめとする4つの成分が配合されており、幅広い寄生虫を駆除・予防することができます。
バジルガードプラス
バジルガードプラス

売り切れ

バジルガードプラスは、バジル社が製造・販売している犬用のフィラリア予防薬です。
ハートプロテクトプラス
ハートプロテクトプラス

売り切れ

ハートプロテクトプラスは犬用のフィラリア予防薬です。 カルドメックチュアブルと同じ成分を含むジェネリック医薬品で、低価格で同等の効果効能を得ることができます。

犬や猫の大敵「フィラリア」ってなに?

フィラリア感染

犬や猫を飼う上で絶対に気を付ける必要があるのが「フィラリア」です。
フィラリアは、犬や猫に寄生する寄生虫の一種で寄生されてしまうことでさまざまな症状を引き起こします。
さらに治療を行っても完治しなかったり、そもそも治療ができなかったりする場合もあります。
そのため、犬や猫を飼うという場合には、このフィラリアに寄生されないように予防をすることが重要になります。

フィラリアはどうやって感染するの?

フィラリアはどうやって感染する

犬や猫に感染して、健康被害を引き起こすフィラリアの感染源は「蚊」です。
フィラリアに感染した犬や猫の血を蚊が吸うことで、蚊の体内へミクロフィラリア(フィラリアの子)が取り込まれます。
体内にミクロフィラリアが入った蚊が、フィラリアに感染していない犬や猫の血を吸う時に蚊から犬や猫の体内へミクロフィラリアが侵入し感染します。

フィラリアになるとどうなる?

蚊に刺されてフィラリアに感染した場合、すぐに何かしらの症状があらわれることはありません。
体内でミクロフィラリアが成長しながら最終寄生先である心臓や肺の血管に住み着き、症状があらわれるようになります。
こうしてあらわれる症状にはさまざまなものがあり、犬と猫で若干の違いもあります。

犬によくみられる症状

犬がフィラリアに感染してもすぐに症状があらわれることはありません。
体内でフィラリアが成長しながら最終寄生先である「肺」や「心臓の血管」に寄生することでさまざまな症状があらわれます
重症度別の症状はこちら

重症度 症状の一例
軽症 軽い咳
中等症 咳、毛艶の悪化、元気消失
重症 腹部の張り、元気消失、食欲消失、体重減少、呼吸困難、運動時の失神、咳、赤い尿
軽度の場合は軽い咳だけですが、重症化することで命に危険が及ぶこともあります
そのため、早期の治療をが重要です。

参考元:犬のフィラリア症の症状・病気

猫によくみられる症状

猫がフィラリアに感染した場合にあらわれる症状は犬と大きな違いはありません。
感染直後は症状があらわれるケースは少なく無症状であることがほとんどです。
その後、ミクロフィラリアが成長して肺血管に侵入した時期や、成長したフィラリアが死亡した時などのタイミングで症状があらわれることが多く、こうなると猫が突然死してしまうというケースも珍しくありません。
あらわれる症状の一例は下記の通り

  • 間欠的な嘔吐
  • 食欲不振
  • 元気消失
  • 呼吸困難(重症例)
  • 突然死

フィラリアに感染しているか確かめる方法は?

飼っている犬や猫がフィラリアに感染しているかどうかを確認する方法は検査を受ける以外にありません。
フィラリアの感染を確認する検査は大きく分けて2種類あります。

検査方法 検査内容
フィラリア
抗原検査
血液中のフィラリア抗原の有無を調べて、感染を検査する方法。
90%以上の確率で感染の有無を確認できるが、成虫がいない場合は検出できない
顕微鏡検査 血液中のミクロフィラリアの有無を目視で確認する検査法。
成虫に成長していなくても検出できるが、検出率そのものが低い。
検査方法によって、検出できるかどうかの違いや検出率の違いがあります。
また、実際に上記の検査でフィラリアの感染が確認された場合には、エコーや超音波検査などでさらに詳しい検査を行う場合があります。

参考元:犬と猫のフィラリア症予防|愛知県豊田市のいわさ動物病院

フィラリアの治療方法は?

万が一、フィラリアに愛犬や愛猫が感染してしまっていた場合、どのような治療が行われるのでしょうか?
フィラリアに感染していた場合の治療法は大きく分けて3種類あります。

治療法 治療内容
内科治療 駆虫薬などを用いて寄生しているフィラリアを駆除する治療法。
駆除したフィラリアが血管に詰まって悪化するリスクがある。
外科手術 外科手術でフィラリアを摘出する治療法。
体力的な負担や費用の負担が非常に大きい。
対症療法 症状を和らげる薬を投与し続け、フィラリアの寿命による死亡を待つ治療法。
原因への直接的なアプローチができないため、治療期間が長く、費用負担が大きい。
いずれの治療法でも血管内部などへのダメージをケアすることはできないため、治療後も症状が残り続けることは珍しくありません。

参考元:犬のフィラリアを発症してしまったら

フィラリア予防薬を投与しなければならない理由

犬や猫を飼う上で必須といえるフィラリアの予防。媒介となる蚊を寄せ付けなければいいのでは?と思いがちですが、予防薬を投与することがおすすめです。そこでフィラリア予防薬を投与しなければならない理由について紹介します。

理由①フィラリアは最悪の場合死に至る感染症

フィラリア予防薬を投与しなければならない一番の理由は、感染すると命に関わる可能性があるためです。また、フィラリアに感染するかしないかで寿命の長さにも大きな違いがあります。

だからこそ、1日でも長く愛犬や愛猫とのすこやかな毎日を送りたいと考えるのであれば、フィラリア予防薬を投与してフィラリアに感染しないようにしてあげることは飼い主の責任のひとつといっても過言ではありません。

理由②治療できても根治が難しい感染症

既に紹介したように愛犬や愛猫にフィラリアが感染したとしても治療することが可能です。
しかし、治療をしたとしても血管内部などへのダメージは残ったままになってしまいます。
そのため、フィラリア予防薬を投与して治療しなければならない状況に陥るのを未然に防ぐことが肝心です。

理由③対策グッズでは予防が難しい感染症

現在では多数の蚊よけグッズが販売されています。中にはペット用のも多数あり、そうしたものを活用してフィラリア予防をされている方もいるかもしれません。
ですが、そうした対策グッズを用いたとしても、100%完全に蚊から愛犬や愛猫を守ることはできません。
対策グッズで対策しているつもりになって、フィラリアに感染し取り返しのつかない状態まで進行してしまっていては元も子もありません。だからこそ、適切に予防薬を投与する必要があるわけです。

フィラリア予防薬を投与する期間

フィラリアを予防するための予防薬は投与する期間がある程度、決まっています。
ここからは投与する期間について紹介していきます。

フィラリア予防薬は通年の対策がオススメ

フィラリア予防を行う期間は近年、通年での予防が推奨されています。
これは、地球温暖化の影響によって蚊の発生する時期が早まっていることが主な理由です。
通年予防の場合、蚊の発生に気づかずに感染してしまっていたといったことも防げるようになるので、愛犬や愛猫のことを考えるのであれば、通年予防で対策するのがオススメとなっています。

通年の対策が難しい場合は5月~12月

通年予防が難しいという場合は、蚊の発生が終息した1か月後を含めた期間で予防するのが基本となります。
東京を例に挙げると、蚊が活発になる5月から予防薬の投与を開始し、蚊がいなくなる11月の翌月12月まで予防を行います。
東京を例に挙げましたが、沖縄などの暖かい地域では1月の時点で感染が確認されているため、通年での予防が必要ですし、北海道などの寒い地域では7月~10月までと短期間の予防となります。

参考元:関東エリア 犬のフィラリア感染期間の目安│物産アニマルヘルス株式会社

フィラリア予防薬を購入する方法

フィラリアを予防するために必要不可欠なフィラリア予防薬を手に入れる方法はいくつかあり、それぞれで特徴があります。

動物病院

動物病院で購入する方法

フィラリア予防薬を購入する方法として一般的なのが動物病院での購入です。
病院で検査や診察を受けた後、実際に動物病院で一か月分の予防薬を投与してもらい、その後の予防薬を購入するといった形になります。
検査でフィラリア感染を確認できるだけでなく、専門医の指導の元、投与の方法などを聞いたりすることができるので初めて予防をする方でも安心できます。

通販サイト

通販サイトで購入する方法

ネット通販サイトを利用してフィラリア予防薬を購入する方法を選択される方が増えています。
個人輸入代行サイトでフィラリア予防薬を注文して届けてもらうという方法です。
通販サイトの場合、自宅や外出先などからフィラリア予防薬の注文が可能で、通院の手間や通院時間を確保する必要がありません。

フィラリア予防薬は動物病院と通販サイトどちらで買うべき?

フィラリア予防薬を購入する方法として、動物病院とネット通販を紹介しました。
では、どちらの方法を選ぶべきなのでしょうか?
初めて予防薬を投与するという場合は、検査から投与の流れなどまで全て把握できる動物病院が適しています。
ですが、翌月以降は検査が必要なくなりますし、投与の方法も把握できているので通院する必要がなく予防薬を安価で購入できるネット通販が適しています。
ただし、ネット通販の場合は手元に届くまでに時間がかかるので、その点を考慮して前もって購入しておく必要があります。

フィラリア予防薬の選び方

動物病院やネット通販で購入できるフィラリア予防薬は、今では数多くの種類があります。
そんな数ある種類の中から、予防薬を選ぶ方法を紹介します。

フィラリア予防薬のタイプから選ぶ方法

フィラリア予防薬のタイプ

フィラリア予防薬は、内服薬や外用薬といったタイプで選ぶ方法があります。

錠剤タイプ

フィラリア予防薬の中でも錠剤タイプはその名の通り、人が服用するお薬と同じように愛犬や愛猫に投与する予防薬になります。
価格がフィラリア予防薬の中でも、特に安価であり、フィラリア予防の費用を抑えるのに役立ちます。
ただし、こちらの予防薬はお薬を問題なく飲める子であれば投与も簡単なのですが、お薬が苦手な子の場合、投与が難しかったり頑張ってみても飲み込んでくれず吐き出してしまったりすることもあります。

チュアブルタイプ(ソフトチュアブルタイプ)

チュアブルタイプ(ソフトチュアブルタイプ)はフィラリア予防薬をおやつ感覚で投与したり、食餌に混ぜて簡単に投与したりできるように、フレーバーが付けられたものになります。 噛み砕いて投与するタイプの予防薬となるため、柔らかいソフトチュアブルなどの種類もあります。 錠剤が苦手な子でもチュアブルタイプであれば、お薬と気づかないように投与することができるため、飼い主にとってもお薬の投与の負担を軽減するのに役立ちます。

予防薬の
タイプ
特徴
錠剤
タイプ
フレーバーが付いていない。
フィラリア予防薬の中でも特に安価。
チュアブル
タイプ
錠剤に風味をついていて、投与が容易。
錠剤が苦手な子でも使える場合が多い。

スポットタイプ(滴下タイプ)

錠剤タイプやチュアブルタイプなどの内服薬が苦手な子や投与が難しい方に適しているのが外用薬のスポットタイプです。
肩甲骨の間に薬液を滴下するだけで予防ができるため、投与が非常に簡単という特徴があります
その反面、スキンシップやシャンプーを避ける必要があったり、薬液を舐めとってしまわないように見ておく必要があったりします。

フィラリア予防薬の効果範囲から選ぶ方法

フィラリア予防薬はタイプから選ぶ方法以外に、効果範囲から選ぶ方法もあります。

フィラリアのみ対策

フィラリアのみ対策したい場合

フィラリアの予防だけを行いたいという場合には、フィラリアだけに効果を発揮する予防薬を選ぶようにします。
フィラリアに対して効果を発揮する有効成分だけが配合されているため、副作用のリスクが少ないという特徴があります。

オールインワン

フィラリア以外にも有効なオールインワンタイプ

フィラリア予防薬の中には、フィラリアや回虫などの内部寄生虫に効果を発揮するものだけでなく、ノミやダニなどの外部寄生虫に対しても効果を発揮するものがあります。
フィラリアの予防と共にノミダニなどの駆除や予防に役立つ予防薬は、オールインワンタイプと呼ばれ、一度の投与で複数の寄生虫に効果を発揮します。

価格で選ぶ方法

フィラリア予防薬は、予防期間中は毎月1回投与する必要があるため予防薬の価格が負担になる場合があります。そのため、予防薬の価格で選ぶのもひとつの方法です。
特に、大型犬を飼っていたり多頭飼育していたりする場合には、予防薬の負担だけでもかなりの費用となってしまうので、価格で選ぶのは有効です。

【2024年最新】フィラリア予防薬の人気商品ランキング

フィラリア予防薬を選ぶポイントは沢山あるので、予防薬選びに迷ってしまうこともあるでしょう。
そこで、ここからは2024年最新版のフィラリア予防薬人気ランキングを紹介します。

犬用フィラリア予防薬人気ランキングTOP3

まずは愛犬のフィラリアを予防するための犬用のフィラリア予防薬人気ランキングを紹介します!

第1位ネクスガードスペクトラ

ネクスガードスペクトラ

犬用のフィラリア予防薬として最も高い人気を誇っているのがチュアブルタイプの「ネクスガードスペクトラ」です。こちらはベーリンガーインゲルハイムが販売しているフィラリア予防薬で、有効成分としてアフォキソラネル、ミベルマイシンオキシムを配合しています。
ふたつの有効成分がフィラリアを予防するとともに、ノミやダニの駆除するため、フィラリアとノミ・ダニに対して効果を発揮します。価格は1箱3錠入りで8,760円となっています。

詳細を見る

第2位レボリューション

レボリューション

人気ランキング2位に輝いたのはスポットタイプの「レボリューション」です。
日本国内の動物病院でも幅広く処方されているフィラリア予防薬で、内服薬が苦手な愛犬にも簡単に投与することができます。
有効成分はセラメクチンで、フィラリアの他にノミや耳ダニなどにも効果を発揮するため、ひとつで複数の寄生虫対策が可能です。価格は1箱3本入りで6,960円となっています。

詳細を見る

第3位レボスポット

レボスポット

レボスポット」が犬用のフィラリア予防薬人気ランキング3位となっています。
こちらは有効成分にセラメクチンを配合したレボリューションのジェネリック医薬品となります。レボリューションと同じスポットタイプのフィラリア予防薬でAsle pharmaceuticalsが製造・販売しています。
価格は1箱3本入りで4,860円とレボリューションよりも安価です。

詳細を見る

猫用フィラリア予防薬人気ランキングTOP3

犬用のフィラリア予防薬人気ランキングを紹介したので、次に猫用のフィラリア予防薬人気ランキングを紹介します。

第1位レボリューション

ネクスガードスペクトラ

猫用のフィラリア予防薬の人気ランキング1位は犬用の2位にもなっていた「レボリューション」の猫用です。
セラメクチンは猫のフィラリアや回虫、耳ダニなどの予防や駆除に役立ちます。
スポットタイプなので、投与が簡単で猫にも猫用のレボリューションの価格は1箱3本入りで6,960円となっています。

詳細を見る

第2位レボスポット

レボスポット

2位は「レボスポット」です。こちらも犬用のレボスポットと同じ製品の猫用のものになります。有効成分のセラメクチンがフィラリアだけでなく回虫や耳ダニなどに対しても効果を発揮し、さまざまな寄生虫を予防します。
猫用のレボスポットは1箱3本入りで3,760円とかなりの安価で購入することができるようになっています。

詳細を見る

第3位アドボケート

アドボケート

人気ランキング3位の猫用のフィラリア予防薬が「アドボケート」です。
こちらは、有効成分にイミダクロプリドとモキシデクチンを配合しておりフィラリアと共に回虫や鉤虫、ノミなど幅広い寄生虫に対して予防や駆除効果を発揮します。
価格は1箱3本入りで6,360円となっています。

詳細を見る

フィラリア予防薬に関する注意点

フィラリア予防薬を購入する前に確認しておきたいこと

フィラリア予防薬を購入する際は、事前にいくつかのポイントを確認しておく必要があります。

  1. 愛犬(愛猫)の年齢と体重

    予防薬を購入する前に、確認しなければならないのが愛犬や愛猫の年齢や体重です。
    フィラリア予防薬はそれぞれ使用できる年齢や体重が決まっているので、投与条件を満たしているかを確認するためにも把握しておく必要があります。
    また、ネット通販の場合は同じフィラリア予防薬でも体重別で小型犬用~大型犬用と分類されているため、愛犬や愛猫に合う商品を探す上でも体重を把握しておく必要があります。

  2. 愛犬(愛猫)の状態

    また、フィラリア予防薬を選ぶ時には愛犬や愛猫の状態についても把握しておく必要があります。
    これは予防薬によって注意すべきことや使用制限があるためです。
    愛犬や愛猫の健康状態(妊娠の有無など)を把握し、投与しても問題がないのかを確認した上で購入して予防薬を投与するようにしましょう。

  3. コリー犬種に使用することができない成分

    フィラリア予防薬の有効成分の中にはコリー系統の犬種と相性が良くないものがあります。相性が良くない成分を配合した予防薬は当然ながら、コリー系統の犬種へ投与ができなかったり、慎重に投与する必要があったりします。
    そのため、予防薬に配合されている成分を把握して、コリー系統への投与が可能かどうかを確認しておく必要があります。

フィラリア予防薬を投与する前の注意点

フィラリア予防における注意点は予防薬選びの際だけでなく、予防薬を投与する前にもいくつかあります。

フィラリア検査を行っておく

フィラリア予防薬を投与する前に欠かせないのがフィラリア検査です。
フィラリアに既に感染して長期間経過しているような場合、非常に危険なアナフィラキシーショックなどを引き起こしてしまうおそれがあります。
そのため、事前にフィラリア検査を行って感染の有無を確認しておく必要があります。

副作用を確認しておく

投与前にはフィラリア検査の実施だけでなく、予防薬の副作用を把握しておくようにしましょう。
フィラリア予防薬は医薬品であるため、副作用があらわれる可能性があります。
ほとんどの場合、副作用症状は一過性のもので時間経過とともに回復しますが、万が一のことを考て症状を把握しておき、改善しない場合には動物病院を受診できるようにしておきましょう。

フィラリア予防薬の副作用

フィラリア予防薬はフィラリアの寄生を予防してくれますが、医薬品成分を配合していることから副作用があらわれてしまうリスクはゼロではありません。
そこで、ここからはフィラリア予防薬のタイプ別でそれぞれの副作用について紹介していきます。

錠剤タイプ・チュアブルタイプによくある副作用

錠剤タイプやチュアブルタイプのフィラリア予防薬であらわれる副作用としては

  • 嘔吐
  • 下痢
  • 元気消失
  • 食欲不振

といったものがあらわれることがあります。
これらの副作用は一過性で治療をせずとも自然と回復することが多いとされています。
ただし、既にフィラリアに感染している犬へ投与した場合には、上記の他に呼吸促拍や大動脈症候群などの副作用があらわれてしまうため、注意が必要です。

参考元:ネクスガードスペクトラ 22.5

スポットタイプ(滴下タイプ)によくある副作用

スポットタイプのフィラリア予防薬を用いた場合にあらわれる副作用としては

  • 皮膚のかぶれ
  • 脱毛
  • 下痢
  • 嘔吐

といったものがあります。
また、滴下した薬液を舐めとってしまったりした場合には、嘔吐や流涎(よだれが止まらない)といった副作用があらわれることがありますが、これらの副作用は一過性のものとなっており無処置で回復したとの報告があります。

参考元:レボリューション6%

アレルギー反応があればすぐに動物病院へ

フィラリアに既に感染してしまっているようなペットにフィラリア予防薬を投与してしまうと、体内のミクロフィラリアが一斉に死滅してしまい、死骸が血管を詰まらせたりアレルギー反応であるアナフィラキシーショックを引き起こします。
その結果、死に至ってしまうといった場合もあるため、予防薬を投与してアレルギー症状があらわれた場合は、速やかに動物病院に連れて行って診察を受けるようにいてください。

フィラリア予防薬に関するよくある質問

最後に、フィラリア予防薬に関するよくある質問をQ&A形式で紹介、お答えしていきますので併せてお役立てください。

Q:フィラリア予防薬を通販サイトで購入するのは違法ではない?

フィラリア予防薬などの動物用医薬品や、人向けの医薬品を個人使用目的で輸入することは法律でも認められている行為であるため、違法性はありません。
フィラリア予防薬を取り扱っている通販サイトは通販ではなく個人輸入を代行するサービスで、本来であれば大変な個人輸入を代行してくれるサービスとなっており、非常に便利です。

Q:購入した商品はどれくらいで届きますか?

フィラリア予防薬を購入する場合、動物病院で予防する場合は即日予防薬を手にすることができます。
ネット通販の場合は、海外からの輸入となるため手元に届くまでに2週間程度の時間が必要になります。

Q:フィラリア予防薬を投与し忘れた場合はどうすればいいですか?

フィラリア予防薬を投与し忘れてしまった場合、忘れてしまっていた期間によって対応が変わります。
投与忘れから数日から数週間の場合は、そのまま投与を忘れていたフィラリア予防薬を投与します。
投与忘れの期間が数ヶ月単位といったように長くなってしまっている場合は、予防薬は投与せずフィラリア検査を受けて感染の有無を確認した上で改めて投与を行います。

Q:フィラリア予防薬に使用期限はありますか?

人が使う医薬品と同様にフィラリア予防薬にも使用期限はあります。
使用期限が切れている予防薬の投与はしないようにしてください。
そのため、フィラリア予防薬をまとめ買いするような場合は、投与する期間の分だけにして余らせないようにしましょう。

Q:フィラリア予防薬は他の薬と併用することはできますか?

フィラリア予防薬の中には相性の悪いお薬もあります。
この相性の良し悪しは、有効成分の相性によるものなので他の医薬品を投与していて飲み合わせが不安という場合は、事前に専門医に相談して確認をとるようにしましょう。

ページの一番上へ戻る