犬・猫のフィラリアの感染確率はどのくらい?フィラリアの感染経路を詳しく解説

犬・猫のフィラリアの感染確率はどのくらい?フィラリアの感染経路を詳しく解説犬や猫のフィラリア感染は、ペットを飼う多くの人にとって気になる問題です。フィラリアの感染確率や、適切な予防方法について、詳しい情報を知りたいという人は多いでしょう。フィラリアはペットの健康に深刻な影響を及ぼす可能性があるため、予防と早期発見が重要です。

 

この記事では、犬と猫がフィラリアに感染する確率とその感染経路について解説します。感染した場合の症状や感染確率を高める環境についても紹介しますので、犬や猫を飼っている人は参考にしてください。

 

犬・猫のフィラリア感染確率はどのくらい?

犬と猫におけるフィラリア感染の確率は、生活環境や予防措置の有無によって大きく変わります。適切に予防すれば感染確率を下げることが可能です。しかし、フィラリアの予防を怠ると感染率は年々上昇し、予防をせずに一夏を過ごした犬の感染率は約40%、二夏を過ごすと約90%にも上ると報告されています。

 

一方、猫は犬に比べてフィラリア感染の確率が低いとされています。猫のフィラリア感染確率は、その地域に住む犬の感染確率の10~20%というデータがあります。このように猫のフィラリア感染率は犬と比べて非常に低くなっていますが、ゼロではないため適切に予防を行う必要があります。

参考元:フィラリア症

 

順位 商品名 容量 取扱単位 販売価格 形状 リンク
1
レボリューション
レボリューション
3本 1箱 6260 スポット
オン
商品詳細ページへ
2
レボスポット
レボスポット
3本 1箱 3260 スポット
オン
商品詳細ページへ
3
アドボケート
アドボケート
3本 1箱 6360 スポット
オン
商品詳細ページへ
4
セレホールド
セレホールド
3本 1箱 4560 スポット
オン
商品詳細ページへ
5
プリノケート
プリノケート
3本 1箱 4260 スポット
オン
商品詳細ページへ

犬・猫のフィラリアの感染経路

犬や猫がフィラリアに感染する主要な経路は、です。私たちの身近にはヒトスジシマカやアカイエカなどさまざまな種類の蚊おり、これらの蚊がフィラリアの伝播に関与しています。

犬・猫のフィラリアの感染経路は以下の通りです。

  1. フィラリアに感染している犬の血を吸った蚊が、血液中のミクロフィラリアを体内に取り込む
  2. ミクロフィラリアは、蚊の体内で成長して幼虫に変わる
  3. 幼虫は、蚊が血を吸う際に使用するストロー型の器官に移動する
  4. 蚊が犬を吸血する際に、幼虫が犬の体内に侵入する
  5. 幼虫は時間をかけて成虫になり、潜伏期間をおいてフィラリアの症状が発症する

 

このように、フィラリアは蚊を介して伝播します。ペットの健康を守るためには、感染の経路を適切に理解した上で適切な予防策を講じることが重要です。

参考元:フィラリア症という病気の仕組み

 

犬・猫のフィラリアの症状

二匹の犬フィラリアに感染した犬と猫では症状が異なる場合があります。感染が進行した場合、ペットの健康に深刻な影響を及ぼす可能性があるため、早期の発見と対応が重要です。

 

ここでは、犬と猫がフィラリアに感染した場合に見られる症状について解説します。

 

犬がフィラリアに感染した場合の症状

犬がフィラリアに感染した初期段階でよく見られる症状は咳です。ほかにも、運動を避ける、体重が減少する、毛艶が劣化する、食欲不振になる、呼吸が浅くなるなどの症状が見られる場合もあります。

 

フィラリア感染が進行した場合、犬は貧血、腹水、血尿、運動後の失神などの深刻な症状を示すことがあります。これらの症状は、フィラリアが心臓や肺動脈に寄生することによって起こる症状です。さらに、フィラリアが死亡したあとも、その残骸が血管内に残り、肺組織にダメージを与える可能性があります。フィラリア感染すると最悪の場合、死につながる危険性もあるため注意が必要です。

 

上記のように、フィラリアは深刻な健康問題を引き起こす可能性があるため、予防と早期治療が重要になります。

参考元:犬にも猫にも予防が肝心!フィラリア感染症

 

猫がフィラリアに感染した場合の症状

猫のフィラリア感染では、咳、呼吸困難、嘔吐、食欲不振、体重減少などの症状が見られる場合があります。特に注意すべきは、フィラリアによる突然死です。猫の体内はフィラリアにとって最適な環境ではないため、感染しても症状があらわれにくいことが多く、フィラリア検査で陽性反応が出ないこともあります。

 

症状があらわれないまま、成長したフィラリアが心臓・肺動脈に寄生すれば、アレルギー反応や肺動脈閉塞による突然死のリスクが高まるのです。

参考元:猫のフィラリア予防について知っておきたい7つのこと

 

犬・猫のフィラリアの感染確率を高める環境

犬や猫がフィラリアに感染する確率は、生活環境に大きく左右されます。特定の環境要因が感染リスクを高めるとされており、ペットの健康を守るためにはこれらの要因を理解し、適切な予防策を講じることが重要です。ここでは、フィラリア感染のリスクを高める主な環境要因について見ていきましょう。

 

池や水田などが近くにある

池や水が張られた田んぼ、下水溝、雨水で満たされたバケツ・水槽などの周辺は、蚊が繁殖するのに理想的な環境といえます。これらの場所は、フィラリアを媒介するヒトスジシマカやアカイエカなどの蚊が好む環境であり、蚊の数が多いほどフィラリアを持つ蚊の割合も増えます。

 

こうした環境が近所にある場合、犬や猫のフィラリア感染リスクが高まるでしょう。特に、庭に雑草が多い家庭や水辺の近くに住む場合は、蚊の発生を抑えるために水溜りを作らない、雑草を定期的に刈るなどの対策が必要です。

 

フィラリアに感染した犬・猫などが近くに住んでいる

フィラリアに感染した犬や猫の体内にはミクロフィラリアが存在しています。これらの犬・猫を蚊が吸血した場合、ミクロフィラリアが蚊の体内に移動し、ほかの犬や猫へとフィラリアを伝播します。

そのため、近所にフィラリアに感染した犬・猫がいる場合はフィラリアに感染するリスクは高くなってしまいます。

 

対策として、地域の動物病院に問い合わせを行い、近隣のフィラリアに感染した犬や猫がいない確認することが大切です。感染した犬や猫がいる地域では、ペットが蚊に刺されないよう予防策を強化しましょう。

 

屋外にいる時間が長い

屋外で過ごす時間が長い犬や猫は、蚊に刺される機会が増え、それに伴いフィラリア感染のリスクも高まります。特に蚊が活動的な季節や時間帯に屋外にいるペットは、フィラリア予防対策をしっかり行うことが重要です。

 

散歩など外に出かける際には蚊除けスプレーを使用する、蚊が活動的な時間を避けるなど、蚊に刺されるリスクを減らすなどの対策を取る必要があります。また、ペットの屋外での活動を制限することも、フィラリア感染を防ぐ効果的な方法の一つです。

 

犬・猫のフィラリア感染を防ぐためには

フィラリア感染を予防するには、定期的に予防薬を使用するのが効果的です。予防薬は、犬や猫の体内に侵入したフィラリアの幼虫を排除します。蚊取り線香や蚊除け剤により蚊を寄せつけないことも、一定の効果はありますが、完全な予防には至りません。そのため、ペットの健康を守るには予防薬の定期的な投与が必須といえます。

 

また、予防薬にはさまざまなタイプがあるため、ペットの好みや飼育環境に合わせた選択も求められます。

フィラリア予防薬のタイプは以下の通りです。

タイプ

特徴

チュアブルタイプ

食べやすいお肉風味で投与が容易

食物アレルギーがない犬や猫に適している

屋外で活動的な犬に最適

効果は1ヶ月間持続

錠剤タイプ

チュアブルタイプよりも安価

好みのフードに混ぜて与えられる

屋外で活発に活動する犬には追加の予防措置が必要

効果は1ヶ月間持続

スポットタイプ

錠剤を飲むのが苦手な犬・猫に適している

背中に直接滴下するタイプで投与が容易

全身に広がるまで触れないように注意が必要

肌荒れの可能性あり

効果は1ヶ月間持続

注射タイプ

1年に1回の注射で予防が可能

体重の変動が大きい子犬やダイエット中の犬には合わない

価格も1ヵ月分の予防薬と比べると高価

効果は12ヶ月持続

 

犬・猫はフィラリアに感染しても治る?

先述した通り、フィラリアは感染しないように予防するのが重要です。しかし、犬や猫がフィラリアに感染した場合、回復の見込みはあるのでしょうか。ここでは、犬と猫がフィラリアに感染した際の治療法と、それぞれの回復の可能性について解説します。

 

犬がフィラリアに感染した場合

犬の場合、感染して間もないのであれば薬剤治療により症状の改善が期待できます。しかし、症状が進行し重症化すると、外科的な処置が必要になるケースもあるでしょう。

 

フィラリア成虫が心臓や肺動脈に寄生している場合、その数が少なければ治療によって回復が可能ですが、重度の感染では心不全のリスクが高まり、命に関わる危険性もあります。フィラリアが重症化した場合には治療の手立てがなくなるケースもあります。

更に、摘出手術などの外科治療を行ってフィラリアを完全に摘出したとしても、血管内へのダメージが回復することはありません。

当然、治療後も症状が継続するケースは珍しくありません。それゆえに、フィラリアは感染する前に予防することが重要です。

参考元:犬のフィラリアを発症してしまったら

 

猫がフィラリアに感染した場合

猫のフィラリアは早期発見が難しく、症状があらわれた時には既に心臓や肺にまで移動して成長していたりします。そうなると心臓や肺へのダメージが大きく完治が困難です。

現在、フィラリア症に対する適した治療は確立されていません。

そのため、主に合併症の管理に焦点を当て、症状の悪化を防ぎながら自然治癒を待ちます。

 

また、猫のフィラリア感染は、咳や呼吸困難、嘔吐など多様な症状を引き起こすことがあり、「喘息」と診断されるケースもあります。そのため、少しでも疑わしい症状があれば、動物病院で診察を受けるようにしましょう。

参考元:猫のフィラリア症

 

まとめ

フィラリア感染の確率は、予防措置の有無や生活環境によって大きく異なり、蚊が多い地域や屋外にいることが多いペットは、感染リスクが高まります。フィラリアの感染経路は、犬や猫が蚊に刺されることです。感染した場合の症状は、犬と猫で異なるため、それぞれの症状を把握しておきましょう。

 

犬がフィラリアに感染した際は早期発見と治療で回復が見込めますが、猫の場合は早期発見が難しく完治が困難となることもあります。そのため、フィラリアに感染しないように普段から予防してあげることが飼い主の責務といっても過言ではありません。

 

フィラリア感染を防ぐためには、予防薬の定期的な投与が効果的です。チュアブルタイプ、錠剤、フィラリア注射、スポットタイプなどペットの状態や好みに合わせた予防薬を選びましょう。ペットの健康を守るためには、フィラリア予防の知識と適切な対策が必要です。