市販のダニ駆除グッズに効果はある?どのタイプのダニ対策が効果的?

市販のダニ駆除グッズに効果はある?どのタイプのダニ対策が効果的?この記事をご覧になっている方の中には、

「ダニ対策を始めたいけど、いったいどうすれば?」

「いろいろな種類があって、どれを選べばいいのかわからない……」

とお悩みになっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで今回は「市販のダニ駆除グッズの効果」をテーマに、ダニ対策商品の種類や使用方法についてまとめてみました。ぜひ最後までチェックしてみてください。

 

市販されているダニ対策商品のタイプ

害虫が逃げ出す

市販のダニ対策商品は大きく分けると3種類、「ダニ捕獲タイプ」「ダニ除けタイプ」「ダニ駆除タイプ」に分けることができます。

ここでは、それぞれの特徴についてご紹介します。

 

ダニ捕獲タイプ

ダニの捕獲を目的としている「ダニ捕獲タイプ」はほとんどがシート型で、置いておくだけで簡単にダニを捕獲することができます。

また、一般的なダニ捕獲シートは動物に害をなす可能性がある殺虫成分が使われていないため、ペットや小さいお子さまがいるご家庭でも安心して使用することができます。

 

ダニ除けタイプ

ダニが嫌がるミント、ハーブなどの香りを付着させ、寄せ付けないようにするのが「ダニ除けタイプ」の特徴です。このタイプの製品はダニの忌避が目的であるため、殺虫成分は含まれていません。

安全性が高く、多くの家庭で使用されています。

 

ダニ駆除タイプ

ダニの殺虫、駆除を目的とする「ダニ駆除タイプ」には、殺虫剤などに使用される「フェノトリン」が使用されています。

これらは犬・猫用のシャンプーなどにも含まれている成分です。

人への影響も少ないため、まずまず安全性は高いといえるでしょう。

ダニの駆除に市販薬は効果があるのか?

ダニの駆除や吸血予防を目的とした商品は多数販売されていますが、

これらは「動物医薬部外品」と分類されており、動物たちの体に大きな影響をもたらすことがないよう作られています。作用は緩やかなので、効果があるものもあれば、それほど得られない場合もあります。

「ペットの状態によっては使用してもあまり効果が感じられない場合がある」ということをよく理解しておくようにしましょう。

 

ダニ対策商品を使用する場合に注意したいこと

市販の対策商品は日ごろのダニ対策に非常に有効です。

しかし、使用方法を誤ると、効果を感じられないこともあります。

 

ここでは、市販のダニ対策商品を使用するうえで知っておきたい注意点を3つご紹介します。

これからダニ対策をしたい!とお考えの方、ぜひチェックしてみてください。

 

「ダニ退治」「ダニ駆除」「ダニ除け」の違いを把握する

ダニ対策商品は、製品ごとに目的が異なります。

メーカーによって名称・表記は異なりますが、「ダニ退治」「ダニ駆除」といったものは基本的に「殺虫」が目的であると覚えておきましょう。

 

一方、「ダニ除け」は文字通りダニを寄せ付けないようにするものです。

殺虫成分がなく、忌避効果(予防効果)のある対策商品であるといえます。

 

効果が持続する時間を理解する

ダニ除けスプレーやダニ獲りシートなどは「簡単に設置できる」というメリットがありますが、一定の期間を過ぎると効果がなくなります。

 

期限切れのダニ獲りシートを放置すると、そのシートがダニの温床となり、かえってダニが増えてしまう場合もあるため、効果持続時間をきちんと把握して適切なタイミングで交換しましょう

 

ダニ対策をする場所

小さなお子さんが手に触れるもの、口に入れるものが置かれている子ども部屋などでは、殺虫成分が含まれている駆除剤を使わないようにするのがおすすめです。

同様に、犬や猫のおもちゃが置かれている場所やおもちゃ本体などにも、駆除剤は使用しないようにしましょう。

 

ダニ対策商品を使用する場所

ここからは、ダニ対策商品を使用する場所について解説します。

「捕獲タイプ」「ダニ除けタイプ」「ダニ駆除タイプ」それぞれで適した場所を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ダニ捕獲タイプの商品に適した場所

「シートを置くだけ」という手軽さが人気の捕獲タイプは、以下の場所に置くと有効です。

  • カーペット(ラグや絨毯など)
  • 寝具(ベッド本体、敷布団の下、枕など)
  • クローゼットや引き出し
  • 衣装ケース

 

なお、布団やカーペットに設置する場合、四隅に設置すると効果的にダニを捕獲することができます。

 

ダニ除けタイプの商品に適した場所

ハーブなどの天然成分でダニを寄せ付けないダニ除け製品は、以下のような場所に置くと効果的です。

  • カーペット(ラグや畳)
  • 布団やまくら、クッションやソファなどの布製品
  • ぬいぐるみ

 

なお、ダニ除けタイプには「スプレータイプ」「置くだけタイプ」があります。

置くだけタイプは、場所を気にせず対策できるのがメリットです。

 

ダニ駆除タイプの商品に適した場所

殺虫成分を含んだダニ駆除タイプは、以下のような場所で使用することをおすすめします。

  • カーペット(ラグや畳)
  • 布団やまくら、クッションやソファなどの布製品
  • ぬいぐるみ

 

ただし、駆除タイプの製品を使用した場合、表面がしっかり乾いてから使用してください。

また、安全性のことを考えると、子どものおもちゃ、ペットがよく使うボールなどに駆除剤を使用するのはあまりおすすめできません。

 

市販商品を買うなら「ダニ駆除」より「ダニ獲り」

ダニ駆除系の商品には殺虫成分のフェノトリンが含まれていますが、濃度が薄く、医薬品のような高い殺虫性はありません。

一方、ダニ忌避系の商品は、基本的に設置した場所だけしか効果がないため、根本の対策にはならないといわれています。

 

その点、ダニ捕獲系の商品にはさまざまなメリットがあります。

  • 気になるところに置くだけ
  • シンプルな設計で確実に捕獲する
  • 安全性が高い

 

ご家庭で市販商品を使って対策される場合、まずは「捕獲系」からはじめるようにするとよいでしょう。

 

ペットに付着しているダニを駆除したいなら駆除薬を使用する

犬に駆除薬が浸透している

ここまで市販の対策商品について解説してきましたが、「ダニがペットにすでに寄生している」という場合、医薬部外品では対応できません。

この場合は「医薬品」に指定されている駆除薬を使用し、徹底的に駆除を行うようにしましょう。

 

フロントラインプラス

フロントラインプラス』はマダニ、ノミ、シラミやハジラミといった外部寄生虫の駆除薬です。

犬・猫併用型の薬で、子犬や子猫にも使用することができます。

「猫用」「小型犬用」「中型犬用」「大型犬用」「超大型犬用」の計5種類があります。

また即効性があり、ノミ、シラミ、ハジラミなら24時間以内、マダニなら48時間以内に100%駆除することが可能です。

【有効成分】フィプロニル、S-メトプレン

【タイプ】スポットタイプ

【効果持続期間】約1カ月

 

 

 

ネクスガードスペクトラ

ネクスガードスペクトラ』は犬専用の薬で、この薬ひとつでマダニ、ノミのほか、フィラリア、回虫、犬鉤虫、犬鞭虫などに有効です。

即効性が高く、投与後30分で効果を発揮し、上記の害虫をほぼ100%駆除することが可能です。

「超小型犬用」「小型犬用」「中型犬用」「大型犬用」「超大型犬用」の計5種類があります。

【有効成分】アフォキソラネル、ミルベマイシンオキシム

【タイプ】チュアブルタイプ

【効果持続期間】約1カ月

 

 

 

まとめ

今回は「市販のダニ駆除」をテーマとしてまとめてみましたが、いかがでしょうか。

ポイントは、以下の通りです。

  • 市販の対策商品には「捕獲タイプ」「ダニ除けタイプ」「ダニ駆除タイプ」がある
  • 目的に合わせて使用することが大切
  • 市販の対策商品の中でもっともオススメなのは「捕獲タイプ」
  • ペットにすでに付着、寄生している場合は「医薬品」の駆除薬を使う

 

市販の対策商品は手軽に使用できるというメリットがある一方、使用する場所、期間を守らないと効果を発揮しないというデメリットがあります。

愛犬・愛猫の健康のためにも、市販のものだけに頼らず、必ず医薬品を使用しましょう。